障害年金の種類

Pocket

障害年金障害年金には障害基礎年金障害厚生年金の2つが含まれます。受給できる金額は、初診日に入っていた年金制度や障害等級、家族構成によって違います。

障害基礎年金は日本在住の20~59歳の農業者・自営業・学生といった第一号被保険者や、会社員や公務員にあてはまる第二号被保険者、20~59歳の第二号被保険者の配偶者である第三号被保険者で、1~2級の障害等級にあてはまる人が対象に含まれます。

ちなみに初診日の時点で20歳を下回っていた方や日本在住の60~64歳で、年金制度に入っていない期間の方で、1~2級の障害等級にあてはまる方も対象に含まれます。ただ、老齢基礎年金の繰上げをしているケースは含まれません。

次に障害厚生年金についてですが、初診日の時点で厚生年金に入っていた方で、1~3級の障害等級にあてはまる方が対象になります。障害厚生年金は2級以上にあてはまる方については、障害基礎年金と障害厚生年金をダブルで受給することが可能です。

なお、障害年金は非課税所得であり、確定申告はしなくても問題ありません。金額は人によって異なりますが、2014年に発表された月額の平均は約78,000円でした。もちろんこれは平均ですので、もっと高額な障害年金を受給している方は大勢います。